新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

汚部屋脱出方法その1、紙類はまとめて【見える化】しましょう。

f:id:kokotiyoikurashi:20190604234231j:plain

居心地のよい暮らしの専門家のtenteです!

汚部屋脱出を目指している方、片付けが不得意だから得意までにもならなくても人並み程度の片付けがしたい・・・

今回は紙類、書類関係の脱出方法をご紹介します!

 

気づいたら紙の山・・・1年以上放置していませんか?

スーパーのチラシ、ポストに投函されるチラシ、フリーペーパー、新聞紙

さまざまな紙類が存在します。

前は紙が溜まったら荷造りのヒモでまとめいた・・・

というのは過去の話

現在は

放置プレイ!!

という人心当たりありませんか?

 

実は人間って一度めんどくさい!と思うとなかなか改善できない生き物なんですよね。

汚部屋化が進む原因です・・・。

 

  • 机の上にたまったレシート
  • 請求書
  • 企業からのDM
  • 各種保険の契約の更新もしくは通知書

 

こんな紙が机の上にたまっている人は必見です。

 

書類、紙類をまとめて1か所に集結

どんな人も必要な書類や不要な書類などあります。

まずは書類を1か所にまとめましょう。

集める場所は一番広い部屋が理想です。そこに何も考えずポイポイ集結していきます。

※あからさまなゴミ書類は捨てましょう・・・「期限が切れたクーポン券」など

 

必要な書類、不要な書類(ゴミ)に分けましょう。

まとめた書類を今度、不要な書類だけゴミ箱捨てる、もしくはヒモで結んでしまいしょう。

ここで気を付けないばいけないのが、不要な書類をまとめてもっていくことがおススメです。

一度に車に積み込むことができたら理想です。

 

書類を「見える化」しましょう。

書類でも

  • 今すぐ行動しなければいけない書類(公共料金の請求書)
  • まだあとでいいが行動しなきゃいけない書類(保険の契約の更新など)
  • 行動をしなくてもよいが保管しなければいけない書類(契約書、大事なアルバムなど)
  • 大事ではないがとっておいたほうがいい書類(日記や愛読の雑誌など)

 大きく分けると上記のように4カテゴリーに分けることができます。

 

今すぐ行動しなければいけない書類

これは100円均一でもいいのでトレーを購入して

できる限り、目立つところに置きその中に書類を入れましょう。

基本的にこのゾーンは変動が激しいため書類を入れて整理整頓まではしなくてもOKです。

その際に「見える化」をしましょう。

マスキングテープなどで日付けと項目(電気代支払い)を書いてトレーの端などに貼っておくと「いつまでに支払わければいけないか」確認ができます。

 

まだあとでいいが行動しなきゃいけない書類

期限が先の書類はついつい忘れてしまいがちです。

しかしここでも同様にトレーを使用しましょう。

我が家でもしていますが、

トレーを2段重ねにして一番上は「今すぐ行動しなければいけない書類」2段目に「まだあとでいいが行動しなきゃいけない書類」と分けています。

 

振り込んだ書類はどうしてるの?

我が家のケースですと、基本的にスマホのカメラアプリでとって家計簿をつけてから捨てる感じです。これは買い物レシートも同様です。

 

行動をしなくてもよいが保管しなければいけない書類

思い切って書類コーナーを作るのをおススメしています。

作り方はとっても簡単♪

1、メタルラックを用意する

2、 クラフトボックスに入れる

 以上になります。

このようにすると綺麗に書類が収納ができる上、必要な際にすぐに取り出せることもでき、段ボールに文字を記載すればカテゴリー別に分けることも可能です。

これがまさに「見える化」です!!

タンスやクローゼットはダメなの?

ダメではありませんが、扉があるため見える化の効果が薄くなってしまいます。

 

大事ではないがとっておいたほうがいい書類

この書類は優先順位が一番低いので、

上記にも書いたようにクラフトボックスを用意して

クローゼットの中にいれたほうが無難でしょう。

 

まとめ:書類はできる限り、まとめて同じ場所に置くのが便利です。

小説やマンガでもそうなのですが、紙類をまとめて同じ場所に置くのが便利です。

なぜかというと、片付けや「あの紙どこいったかな?」と迷うことが格段に少なくなるからです。

汚部屋の住人は先ほども書いたように片付けるのが苦手です。

だとしたら、極力分かりやすくしておくのがベターな考え方です。

実はメリットはこれだけではなくて家族をお持ちの方もこの方法が大活躍します。

家族の共有の書類スペースなどまとめておくことで迷うわずに探すことができるからです。

 

少しでも皆様のお役にたてれば幸いです。

 

 

 

 

 

 

Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.