新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

【マネOK!】脱・小屋暮らし!友人の体験談を大公開します!

f:id:kokotiyoikurashi:20190914150328j:plain

居心地の良い暮らしの専門家のtentenです。

小屋暮らしが今人気が出ているのはご存知でしょうか?(^_-)-☆

 

B級ライフ・・・

お金をかけずに・・・生活

 

今、若者の間で注目されているライフスタイルになります。

 

生活レベルをさげないと生活できないんでしょ?

と聞こえてきそうが違います

 

最小限度で生きることができると素晴らしい人生が送れます!

お金をかけずに生きることができれば、将来収入が減ってもゆとりを持った生活をおくることができます。

 

B級ライフは嫌だ!快適な小屋暮らしが欲しい・・・

B級ライフというくらいだから、現代の生活水準とくらべると生活しづらいかと思います。

しかし、ワタクシの友人は

「小屋暮らしはしたいが、B級ライフはいやだ!でもお金はあまりかけたくない」

とけっこーわがままな要件でした。

ですが、僕と友人は「もしこれが実現できれば新しいライフスタイルができるんじゃね?」

と興味がありはじめました。

 

快適な小屋暮らしの構想

■設定:期間は1年間実施、あとは別荘に【電気・水道・ガス契約なし】

■場所:某山間部

■構想

  • 部屋の大きさ1K(8畳)
  • 水は山水(飲めます)を利用
  • トイレは水洗トイレ、シャワールーム、お風呂あり(※露天風呂)
  • キッチンはホームセンターの激安キッチン
  • 調理はロケットストーブ
  • 電気は太陽光発電300W程度、家庭用蓄電池(1KW)
  • お湯は貯水用タンク(ステンレス風呂)に山水をいれてストーブで沸かして水中ポンプで圧送

部屋は2×4工法を採用!材料のほとんどをホームセンター調達!

f:id:kokotiyoikurashi:20190914140847j:plain

引用元:庭小屋を建てる(窓建具を作る編) : 山里の暮らし

部屋の広さを約8畳ほどで設定しました。

ほとんどの材料はホームセンターで購入して建てていきました。

比較的に安価で仕入れる2×4インチ材はおススメです。

素人でも十分に作ることができます!

 

¥かかった費用(全部いれると凄い数の項目になるので・・・)

約700,000-

水洗トイレは必須!

コンポジストトイレなどがありますが、やはり現代は水洗トイレでないと生活はしづらいですよね。。。。

 

購入した山の付近には下水道がきていません。そこで僕と友人はネットで浄化槽を購入しました。

浄化槽 - Wikipedia

浄化槽を設置するには浄化槽設備士という資格が必要なので別の友人に浄化槽設置を依頼しました。

※たまーにバキュームカーが汲み取りにくるだけなのでそこまで大きな費用はかかりません。

なお、現代では生活水や下水を垂れ流すことは好まれませんので、小屋暮らしを考えている方は十分気を付けてくださいね

 

¥かかった費用

浄化槽本体(5人増):148,000-

ブロワー:20,000-

VP管:10,000-

雑工:30,000-

レンタル重機2日:30,000-

友人の人件費:プライスレス★

トイレ本体:20,000-

 

シャワールームも完備!お風呂は庭に露天風呂を作り中!

f:id:kokotiyoikurashi:20190914141952j:plain

※イメージ図です。

引用元:夜空の星を見上げながら、風呂に入る夢を求めて...自作露天風呂を製作する奮闘日記です。

シャワールームもこれまたネットで仕入れて、友人にお願いして設置してもらいました。

露天風呂は上記の写真にあるように現代版:五右衛門風呂です(笑)

 

¥かかった費用

シャワールーム本体:90,000-

 

友人の人件費:プライスレス★

露天風呂:制作中・・・・

 

キッチンはホームセンターの格安キッチン、調理はロケットストーブだ!

キッチンも激安のキッチンを購入してサクッと取り付けました。

問題は火元です。IHなどを使うと電気使用量がパンクする可能性が大なのここはロケットストーブを採用しました。

ロケットストーブとは・・・

kurashi-no.jp当然ストーブなので燃料となる薪や小枝など必要になっていますが、山間部なので普通にそのへんに落ちています。(笑)

山の木は水分を多く含んでいるため十分な乾燥が必要になってくるので注意が必要です。

山間部での生活なのでネットで日用品を購入することもたまにありますのでその際にでる段ボールなどは貴重な資源になります(^_-)-☆

¥かかった費用

ロケットストーブ本体:10,000-

燃料代:タダ!

キッチン本体10,000-

 

 

電気は太陽光発電システム300Wと家庭用蓄電池(1KW)でオフグリット!

このシステムも第二種電気工事の資格をもっている友人にお願いをしてとりつけてもらいました。

でも太陽光発電は天候に左右されるでしょ?雨が続いたらどうするの?

そこで雨天が続いた際は

パワーボックスがおススメです!自転車でみたいにペダルで発電ができるのでスマホや

小型ライト程度なら十分充電可能です!

 

電気の詳しくは・・・

【DIY】無資格・初心者が「200W太陽光発電」を自作してみた結果。 : まだ仮想通貨持ってないの?

夏の自由研究は電力自給だ!「わがや電力 〜 12歳からとりかかる太陽光発電の入門書」 | ヨホホ研究所

 

¥かかった費用

太陽光発電:50,000-

蓄電池システム:150,000-

 

お湯は貯水用タンク(ステンレス風呂)に水をためってポンプ圧送だ!

これには利点が2つあります。

ステンレスのお風呂は熱伝導率が高いため、夏場なら朝、山水をいれておけば夕方までお湯にしてくれます。

またストーブ機能をつけることで、冬でもお湯を作ることができます。

 

お湯ができたら水中ポンプでキッチン、シャワールームにお湯をおくります。

これで家庭と遜色ない機能を果たせます。

 

無論、お風呂のために薪をいれないといけないし、薪の調達もあります。

しかし、災害に大変強く何よりも生活のランニングコストがあまりかかりません。

 

¥かかった費用

ステンレス風呂:10,000-

ストーブ:20,000-

 

かかった総合計はおいくらか・・・!?

¥1,298,000になります!!!

これで年間の電気・水道・ガス代金がかかりません!

 

小屋暮らしを考えている方はぜひご参考くださいね(^_-)-☆

Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.