新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

キッチンを迷います・・・。あなたは何派?

f:id:kokotiyoikurashi:20181013014700j:plain

 

キッチンを選ぶ際にどのような形があるのでしょうか?

ますは種類をみてみましょう!

 

アイランド型の特徴:広々とした空間にもってこい♪

このよう真ん中にキッチンをレイアウトすることをアイランド(独立キッチン)と呼びます。

最大限のメリットは左右どちらにも動線ができるため非常に使いやすしのが特徴です。

家事動線を考えた時こちらのキッチンを選んぶとよいでしょう。

上記のツイート写真をみての通り、非常にゆとりのある空間でこのキッチンは活かされます。

キッチンのスペースがそれほど取れない場合や狭小住宅の方にはおススメできません。

またキッチン本体もグレードやメーカーにもよりますが、他の形状と比較してコストアップになります。

セパレートキッチン:シンクとコンロが別々にあるので作業スペースが広い♪

 このキッチンはシンクとコンロが別々にあるため作業スペースが多くとることができます。特に二人で調理する時に便利です!

しかし、これは賛否両論あるのですが、以前このセパレートキッチンを提案した時に言われたことがありました。それは・・・

「シンクとコンロが向かい合いになっていたら振り向かなくてはいけない・・・

ざるに野菜を入れて洗った状態で鍋に入れようとすると、下に水がしたたるかも・・・(´・ω・`)」

というお言葉でした。

なるほど・・・主婦目線は違いますね・・・

対面キッチン:コミュニケーションをとりながら家事ができる!

 こちらのキッチンは対面式となっており、上記のように解放感が生まれると同時に家族とのコミュニケーションを取ることが可能です。

対面キッチンは新築で多く採用されています。またメーカーからグレード、サイズにいたるまで非常に多くのバリエーションがありますので選ぶにはもってこいです!

壁付けキッチン:限りあるスペースを最大限に活用!収納力は抜群です♪

限りある空間にこのキッチンはもっとも有効的です。

同じキッチンでも吊り戸があるため収納力は他のキッチンよりも多くとることが可能です!

しかも・・・

対面式キッチンやセパレートキッチンと比較してもお値段がお値打ちです。

(※同グレード、メーカー)

このように壁をオシャレにするだけでもスタイリッシュなキッチンにすることができます。

キッチンの種類はわかった・・・パントリーの使いやすさはどうですか?

このパントリーについては詳しくは間取りアドバイザー/2級建築士の坂口 亜希子さんのブログをお読みください!

詳しくはこちら・・・

ameblo.jpあなたにとって素敵なキッチンが見つかりますように!

      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.