新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

新築ブルーにならないために、営業マンが贈る不安解消の実例!!

f:id:kokotiyoikurashi:20181004212415j:plain

 

 

新築ブルーという言葉をご存知でしょうか?

新築ブルーとは新築を建てた後に後悔をして鬱状態になることを差します。

不安はどこからくるのでしょうか?男性は金銭面、女性は間取りや実際に住んでみてからです。

男性は特に毎月ちゃんと支払えるかどうか?不安になることが多いです。※営業マンの僕がよく相談を受けます。

当然ですが多額のローンを組んで毎月支払います。ほとんどの方が35年という長い支払いが待っています。

はっきり言って35年後のことなんて誰にもわかりません。

実際にいたお客様の事例をご紹介します。

「本当に支払えるかどうか・・・正直不安です・・・」

どこが不安なのか?本当に支払いができるかどうかはその家の経済状況によります。

例えば、無理をして月々の支払いが8万円だと仮定します。

35年間で約3000万円ほど借り入れができます。

8万円が無理な金額ならこの支払いが「新築ブルー」の大きな要因になりかねません。

無理のない支払い額を逆算しよう!あなたの支払い金額は?

もし、6万円だったらどうでしょうか?月々の支払いが2万円も下がっていると家庭は少し余裕だと思います。

6万円の35年間支払いだと約2200万円ほどの借り入れ金額になります。

3000万円と2200万円だと800万円の差が生まれますので注文住宅においては全く状況が変わってきます。

ですが、それでいいのではないでしょうか?無理をしてまで注文住宅を建てる必要性はありません。多少の無理は必要ですが・・・

コストの事を考えて、いろんな策を練ろう!工務店や間取りの広さを見直し!

800万円の差は簡単には生まれません。

打開策としては

1、工務店ハウスメーカーの見直し

2、間取りの広さを縮小

 

1、工務店ハウスメーカーの見直し

どこの会社も特徴があります。デザイン性に優れているのか?耐震に優れているのか?

高気密高断熱なのか?お値打ちに施工ができるのか?

様々な特徴があります。

もし、今回お金のことが不安ということなら、ローコストメーカーに視点を合わせてもいいかもしれません。

別にローコストメーカーが品質が悪い!とうことは今のご時世考えられません。

今のメーカーだとどうしても高い!と思ってみえるなら見直すチャンスです!

 

2、間取りの広さを縮小

どうしてもこのハウスメーカーで注文住宅を建てたい!という方なら思いっきり間取りを縮小するのも一つの手です。

だいたい坪単価で計算されているので、3坪、5坪縮小するだけでもかなりの金額が減少できます。

また、キッチンやお風呂などの設備機器の見直しなども重要です。

 

女性は建てた後の間取りや使い勝手などに新築ブルーになりがちです。

以前、別のメーカーで建てたお客様がモデルハウスに来場されました。

その時、僕は耳を疑う言葉を聞きました。

それは・・・

「今の家、気に入ってないんで燃やしたいんです・・・」←半分冗談だと思いますが・・・

よくよく話しを聞いてみると、営業マンに押されて「この方が使い勝手がいいですよ!」と鵜呑みにしたためです。

実際に住まわれるのはお客様なんですよね・・・

営業マンが住むわけではないのに・・・

特に女性は間取りから立体図に想い描くのが苦手な頭脳です。

紙一枚、机上で話していてもよくわかりませんよね・・・

最近だと3DCGやVRなど立体映像をプレゼンに使うこともありますが、まだまだ完璧ではありません。

ではどうしたらよいのか?イメージを完璧に共有してもらいましょう。

これは営業マンや設計士の相性しだいですが、自分達がどのような暮らしをしたいのか?親身になってくれる人に巡り合うまで探しましょう。

女性のインテリアコーディネートさんや設計士さんがおススメです。

これは、僕が打ち合わせをしている時に気を付けていることなのですが僕は男性です(笑)

女性のことは女性にしか分からないことがあるのでそこは女性スタッフと手を組んで打ち合わせをしています。

なぜかというと女性の「タイルや窓が可愛い!」という感性はいまだによくわかりません(笑)

前置きは長くなってしまいましたが、この住まいのイメージをいかに営業マンや設計士に共有してもらえるかが重要です。

ちょっと待って!思い込みが暮らしのイメージを崩す!!?

この思い込みというのは本当に怖いものです。自分達がこんな家に住みたい!と思ってそのイメージを形にして貰ったとしましょう・・・

しかし、それが正解がどうか?暮らしてみるまで分かりません。

その答え合わせをしようと思ってもできません。その我見を崩すのにとっておきの方法があります。

友達や知り合いの家を建てた人に実際の暮らしはどうなのか?聞いてみるのもかなりの勉強になります。

特に失敗例はかなり参考になるため勇気を振り出して聞いてみましょう!

 

新築ブルーにならないためにも、事前の準備やイメージの共有をしっかりして素敵な家づくりになることを願っております。

      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.