新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

時代はセルフリノベーション!?工事を始める前に・・・ ちょっと待った!よく考えてから行動しよう!

オシャレな空間を自分の手で作りたい!が・・・本当にできるの?

f:id:kokotiyoikurashi:20180910221423j:plain

 

 

 

 

"no-img2″
光之輔

そういば・・・最近セルフリノベーションが流行っているなぁ・・・

 

"no-img2″
真由

自分でリノベーションをすることだよね!?面白そう!!

 

"no-img2″
光之輔

まぁでもどこまでするかだよね・・・実は落とし穴があるんだ・・・

 

"no-img2″
真由

そうなの!?詳しく聞きたい!

 セルフリノベーションで大切なこと、それはどこまで自分で直すか、計画すること

セルフリノベーションをすることで、費用もお値打ちになり、全体的にコストを下げることができます。

しかし、セルフリノベーションは簡単にはいきません。

もしあなたが戸建てですべてリノベーションをしよう!と考えているなら、少し待ったほうがいいかもしれません。

 

自分で、できない工事を見極めよう!

水道工事これは専門業者でなくてはいけません。もしこの水道工事を自分でしようと思っても生半可な知識と経験では痛い目にあいます。

最悪、水漏れや、逆流、水がでない、お湯がでないとなるのでここの工事品目は専門業者に工事してもらいましょう!

電気工事も専門業者でないといけません。そもそも電気を扱うのには資格が必要になってくるからです。これも火災の原因や漏電の原因が起きる可能性があるので、十分気を付ける必要があります。

 

壁や床なら大丈夫でしょう?(^◇^)でも近隣住居の方にはあいさつはしっかりしてくださいね!

 

床や壁、いわゆる大工さん工事、クロス屋さん工事、タイル屋さん工事は仕上がりの品質を抜きに考えれば工事ができます。

これはセルフリノベーションの醍醐味ですよね!

自分で考えながら、創造して、空間を仕上げていけます。

ですが、ここでも気をつけることがあります。

それは、騒音や粉塵などの近隣への対応です。

いくら自分の家だと思っても周りに迷惑をかけることは極力さけたほうがいいです。

最初に工事のあいさつや、養生(ゴミなどが飛んでいかないように)近隣への配慮が必要です。

 

近隣に全く迷惑がかからないなら大丈夫ですが・・・

このあたりを踏まえて工事をすれば自分達が想い描いている家に近くなるかもしれません。

 

廃材はどうするの?プラや可燃物でだしていいの?

 

残念ながらこれは、材料の種類によって細かく分類しないといけません。

例、プラスターボード(壁にはる材料)は産業廃棄物になります。

例、タイルやコンクリート 付着物によって分類が変わるので各自治体にしたがって廃棄しなければいけません。

 

このあたりは本当にめんどくさいです。セルフリノベーションの大きなデメリットでもいえましょう。

 

セルフリノベーションのメリット、デメリット!

メリット!

1、コストが大幅に下げれる

2、自分達で作るため、修繕もしやすい

3、愛着がわき、自分達の思い出になる

4、想い描いている空間を体現できる!

 

デメリット!

1、時間がかかる

2、専門業者じゃないとできない工事がある

3、廃材の処分が大変

4、自分達が近隣に配慮しながら工事をしなければいけない。

 

以上を参考にセルフリノベーションを楽しんでくださいね!

 

 

 

 

      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.