新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

ローコスト住宅 失敗談!それらを活かして満足・お値打ちに建てる方法を紹介

f:id:kokotiyoikurashi:20180617133930j:plain

ローコスト住宅において一番の魅力はお値打ちに建てることができることでしょう!

 

土地はほぼ坪単価で決まってきますが、建物はメーカーや工務店によって大きく坪単価が変わるので、ローコストメーカーを探せばお値打ちに収まります。



しかし・・・実際のところどうなんでしょうか?

 

僕の友人の話と、転職者(ローコストメーカー出身)の先輩の声を集めてみました。

 

友人の場合・・・オープン間取りに気を付けて!冷暖房費がかさむ!時間がかかる!

 

友人は土地はありましたが、建物の費用は多くは捻出ができませんでした。

※約1700万円(35坪)

最初僕に相談がきましたが、僕の会社の坪単価では到底、金額が合わないため断念しました。

 

しばらくすると・・・

 

「tenten!家を契約したよ!しかも自分達が必要な面積も確保ができた!」

 

と嬉し気に話してくれました。

 

そこで図面をみせてもらい少し気になる点がありました。



2階の間取りの壁がほぼなく、1フロアみたいに大きな空間になっていた!

 

壁や扉をなくすことで、大きなコストダウンをはかることができます。

それに伴い人件費も削減ができるため、工期も短くなります。

 

僕「どうして?2Fは1フロアに近い形にしたの?」

 

友人「営業マンに言われて将来的に間取りを自由にできるし、コストが抑えれるからだよ!」

 

答えたました。

 

しかし実際に暮らしてみると大きな落とし穴がありました。

 

エアコンの効きが悪い・・・

 

当然と言えば当然ですが、どうしても冷たい空気は下にいき、暖かい空気は上に行くため体積が大きいため、その分時間がかかります。




先輩社員の場合・・・安価な材料大量に仕入れているから、安い秘訣がある・・・しかし壁紙がすぐはがれてきた

 

某ローコストメーカーは大量に安価な素材を仕入れているからその分安いんだよ!と教えてもらいました。

 

僕「工期とかどうなのですか?」

 

先輩「めっちゃ早いよ!(笑)」

 

僕「品質とはどうですか?」

 

先輩「あまりよくないね・・・速さ重視だから職人さんもスピードで仕事をしてしまう家によってバラツキがあるよ」

 

スピード重視のため家によっては後からクロスがめくれてくることも多かったそうです。

 

まだクロスだけならいいですが、大事な水回りや構造体に問題があると怖いですよね。

 

一概に全てが当てはまることはありませんが、要注意です。

 

ローコストで満足・お値打ちに建てる方法

 

ローコストメーカーをうたっている以上、必ず安い秘訣があります。それを素直に営業マンに聞いてみましょう。

 

それらに加えて工期も聞いてきましょう。木造35坪場合 約4カ月~6カ月

工期がかかります。

 

もし、3カ月で建ててしまうケースだと要確認が必要です。

なぜならば早すぎるからです。

 

家は早ければよい!というものではありません。無論、時間がかかりすぎてもダメですが・・・

 

プランをお願いする時に、どこまでが譲れない場所なのか?譲れる場所の優先順位をたてておきましょう。

 

例)対面キッチン・・・・1※必ず外せない

  書斎・・・・・・・・2※あったほうがよいがなくてもよい

 

紙に書き出して、それを営業マンにみせればきっと要望にそったものを提案してくれるでしょう。

 

これらを優先順位をたてると、頭も整理できますし、納得のいくものができるでしょう。

 

      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.