新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

一戸建て・分譲住宅のメリット、デメリット 明確な費用が分かる!?

f:id:kokotiyoikurashi:20180610101023j:plain

分譲住宅の購入を考えている方はどの視点で考えているのでしょう。

まとめてみました。

 

1、立地がよい

2、公共交通機関が整備されている。

3、注文住宅より費用が明確化されている。

4、注文住宅より、コストがお値打ち

5、実際に建っているのを見れる。

 

このような感じでしょうか?

 

 

立地がよい!土地に優先順位に立てるならこれを見てください!

 

これは分譲住宅地ならではのメリットですね。分譲住宅は少なからず、辺鄙な場所にはつくりません。

ある程度、立地がよく。それなりに学区に近いところ、スーパーマーケットが近いところに作るケースが多いです。

仮に注文住宅で土地から購する場合、土地から探さないといけないですし、自分達が欲しい土地がないかもしれません。

 

競争率の高い土地は不動産屋、デベロッパーが土地を買い占めて販売するケースが多いです。

 

不動産屋も土地に関してはプロなので、熟知して土地を仕入れます。

 

もし貴方がその土地がいいなと思ったらいろいろと不動産屋に聞いてみましょう。

 

f:id:kokotiyoikurashi:20180610101055j:plain

公共交通機関が整備されている。地下鉄やバスを使う方はこのあたりもしっかりと考慮しましょう!

 

都心部や市内の分譲地に該当します。

 

一例ですが名古屋の土地を見たときに、感じたことがあります。

地下鉄から徒歩5分~10分程度離れた場所に分譲地がたっていました。

 

何週間(1か月たってなかったと思いますが・・・)たったのちに車で通ったら、なんと引っ越しの真っ最中でした。

 

これには驚きました。

 

つまり本当に立地が良く、公共交通機関も整備されているところは、すぐに売れます。

ニーズも高いため、気づいたら人が住んでいる状態です。(笑)

 

無論、全てが駅が近いとは限りませんが、「バス、JR、○○鉄道線、○○線 分譲住宅」などyahooやgoogleで検索してみると、いろんな分譲地がでてきます。




注文住宅より費用が明確化されている。月々の支払いにメドが立つ!

 

これは注文住宅では出来ない最大のメリットです。

注文住宅では、2500万円!と最初提示されても、追加追加で+200万円前後にはなってきます。

 

また、地盤調査をしてから、建物を建てるため、改良費がかかるケースもあります。

 

その点、分譲住宅は実際に建っているため費用が全て決まっているため、資金計画は注文住宅よりも明確です。

 

f:id:kokotiyoikurashi:20180610101116j:plain

住宅ローンの支払いも単純

 

ローン支払が前提ですが注文住宅の場合、土地に1回目・中間時に2回目・完成時に3回目など、複数に渡ってローンを使います。

 

だいたいの銀行は完成時にしか融資を実行しません。

 

その際に使用されるのは「つなぎ融資」というものを使わなければいけません。詳しい内容は割愛しますが、当然費用もかかります。

 

分譲住宅はすでに建っているものを購入するため、住宅ローンも「購入した翌月から支払い」がスタートします。

 

もともとマンションやアパートに住んでいた人が、引っ越しして分譲住宅に住み始めてもローンと家賃がかぶらないようにできるため、月々の支払いは家計をそこまで圧迫しません。

 

注文住宅より、コストがお値打ち!それは人件費と設計料!

全体的なコストを考えると、コストは1割から2割ほどお値打ちです。これは材料費ではなく人件費、設計料などが抑えれる要因となります。

 

注文住宅の場合、最初から図面をひくためそこに関わる労力があるため、人件費がかかります。

 

打ち合わせ回数も多く、時間も多く必要です。

企業側からすれば、お金の回収に時間がかかるというデメリットがあります。

その間の経費も含め、分譲住宅より金額を高く設定しないといけません。

 

その点分譲住宅はあらかじめ、パターン化しておけるので、人件費や設計費はお値打ちにできます。

 

なので分譲住宅は良くも悪くも「似たり寄ったりの家ばかり・・・」になります。



実際に建っているのを見れる。生活のイメージがつきやすい!

 

これも最大のメリットです。

 

建物の中を見れるので、生活のイメージがしやすいです。この点は注文住宅ではできません。(CGやVRもありますが・・・・)

 

キッチンに立った時どうか?

ソファーに座ったときに目線の高さ

コンセントの数

窓から見る風景

風の通り道

日当たり

 

CGやVRではなかなかここまでのイメージをお客様に伝えることは難しいです。

この内見ができるというのは、分譲住宅ならではのメリットですね。

 

デメリットはあるの?

 

デメリットは決まった仕様なので、自分達の想いが反映されない。

 

例えば、部屋数がもう少し欲しい

クロークはもっと広いほうがいい・・・

外壁をこんなデザインにしたい・・・

クロスよりも塗り壁がいい・・・

 

あげればキリがないですが、分譲住宅なので平均化された間取りになるため、面白みはありません。

 

人によっては高い買い物だから、好きに作りたい!と思う方も多いのでそんな方は分譲住宅は向いていません。

 

中の構造が分からない。柱とか大丈夫?

 

これも人によってはデメリットです。

構造を気にする方は多くいらっしゃると思うので、完成してからは見えません。

 

中には施工写真をみせてくれる不動産屋もいますが・・・・。

 

どのみち生では構造を見ることはできません。

 

ですが、今の法律で「瑕疵担保責任保険」という保険に絶対に加入しなければいけません。

この保険内容も割愛しますが、要は検査をしてクリアしなければ建物はこの世に存在してはいけません。

 

この検査済書という書類があるため、不動産屋に見せてもらいましょう!



      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.