新しい家・古い家~ここちよい暮らし~

注文住宅や中古住宅の購入、不動産、賃貸マンションなどについてお得な情報などを発信していきます。

MENU

新築カタログを請求しよう!現役営業マンが贈る後悔しない家づくり

どのように家づくりを始めるか?

 

f:id:kokotiyoikurashi:20180605225033j:plain

この家づくりにおいてもっとも大事なことはどのようにして家づくりを進めるかが重要です。

 

知り合いの工務店で頼むのか?

ハウスメーカーで頼むのか?

設計事務所で頼むのか?

個人の大工さんに頼むのか?

 

 

 

貴方はどこに頼みますか?

 

人によって、価値観は大きく違います。

 

ほとんどの方が通る悩みで共通事項があります。それは・・・

どこに頼もうか?・・・

予算はいくらくらいになるのだろうか?・・・

構造は?・・・

断熱は?・・・

デザインは?・・・

 

と考えるだけでも、頭が痛くなりますよね・・・

 

カタログを駆使しよう!比較検討して実際に取り寄せてみよう!

 

f:id:kokotiyoikurashi:20180706215034j:plain

その時に役に立つのが、カタログです。

カタログにはその会社の家づくりの情報が網羅してあります。

テイストから、構造、設備の仕様や、断熱、床材様々な情報がギュッとつまっています。

 

カタログのメリットは3つあります。

 

1,時間をかけずに情報収集ができる

2,イメージがわきやすい

3,トレンドに触れることができる。

 

1,2はなんとなく分かるかと思いますが、

3,トレンドとはわかりやすくいうと今はほぼ当たり前になりましたが、

 

昔)和式トイレ→現在)洋式トイレ

 

極端ですが、こんな感じです。

 

現在ですと

・ZEH(ゼッチ)(ネット・ゼット・エネルギーハウス)

・2020年省エネ義務化問題

 

などがあります。詳しくはカタログに記載してあるかと思うので取り寄せてみましょう!



どのように取り寄せるの?実はまとめて一括でできます!

 

f:id:kokotiyoikurashi:20180617133930j:plain

ホームページから取り寄せる

各社のホームページから取り寄せることが可能だと思います。

たくさんのハウスメーカーを検討している方だと時間もかかるし、記入事項が多すぎて一日で疲れ果てしまいます。

 

 ・ハウジングセンターを一日かけてまわる

展示場にいき、カタログをもらうこともできます。ですが、これだと

ガッツリ営業をされます。(笑)

まだ比較検討をしている段階なので、逆に少しめんどくさいですよね・・・

しかも、これも時間がかかります。

 

電話で取り寄せる。

これも古典的な方法ですが、可能です。

昔の人なら電話なんて気にならないかと思いますが、現代はSNSの時代、電話が苦手な方も多くいるかと思うので、あまりおススメはしません。

 

ホームページから取り寄せる・ハウジングセンターを一日かけてまわる・電話で取り寄せる

これら以外に方法があります。

それは・・・まとめて資料請求というものがあります。

 

ここでは、持ち家計画 をおススメしております。だいたい3分ほどで情報入力は完了するためそこまで時間はかかりません。

 

ポイント!

特徴1:時間を短縮できる。

特徴2:各社のカタログを同時に比較検討ができる

特徴3:自分達が建てようとしているエリアで建てれるか?自動的に選別してくれる。

 

このサービスを使ったお客様の声です。

 

色々なハウスメーカーからの資料を頂きましたが、営業の方の提案が全く違い驚きました。その中でも何を優先すべきかをしっかりと決めた事もあり満足のいく家で過ごせています。

 

多くのハウスメーカー工務店の情報を集めようと思いこのサービスを利用しました。

様々な資料が届き、じっくりとくらべたことで満足の行く家を建てることができました。

 ぜひ登録してみましょう!さまざなハウスメーカーがあります!

 


ハウスメーカーを吟味して、自分達が思い描くメーカーに頼もう!

 

いくら資料をまとめて一括請求でも無差別はおススメしません。

例えば、木のテイスト、木造住宅が好き!

という人がいたとしたら、鉄骨系の住宅はおそらく論外ですよね・・・

 

様々なハウスメーカーがあるため、特徴をつかむのは難しいかと思いますが、

この「持ち家計画」のサービスに「ハウスメーカー詳細」というタグがあります。

簡潔にメーカーの特徴が書かれているため、比較検討の際には要チェックです!

 

資料請求後の営業マンの電話はどうするか? 断るのも良し、簡単に説明をきくのも良し

 f:id:kokotiyoikurashi:20180706215316j:plain

電話かメールで何かしらのアクションがきます。

 

現役の住宅営業マンだからこそお答えができます。

 

例文

「・・・・メーカーのtentenと申しますが、〇〇様のご自宅の電話番号でお間違いないでしょうか?」

「この度は、資料請求誠にありがとうございます!」

 

「弊社の家づくりのカタログはいかがでしたでしょうか??」

 

と、こんな感じに電話で「モデルハウスへの誘致」&「自宅訪問」の営業をしてくるかと思います。(※私が今もよくしています。)

 

この営業が嫌だと感じたら、素直に「まだ検討段階なので、進捗があったらこちらかお電話します・・・。」と断りをいれてもいいでしょう。

 

しかし、実際にカタログをみて、自分達の家づくりのイメージに近いなと感じたら、少し耳を傾けてもいいかもしれません。

 

気を付けて!営業マンの腕には差がある。

 

どんなに気に入ったハウスメーカーでも、活かすも殺すも、営業マンの腕しだいです。提案の仕方から資金計画、お客様の不安解消にどこまで努めれるかは、当たり外れもあります。

 

こればかりは相手次第なので、どうしようもないです。よほどそこのハウスメーカーが気に入った場合は、最悪営業マンを交代してもらいましょう。

 

失敗しない家づくりの道のり・・・

 

ハウスメーカーなど沢山の会社があります。どこを選ぶにしても勇気とお金は必ず必要です。しかし、失敗を限りなく少なくする方法は「どれだけの情報収集」と「良き営業マン」に出会えるかが鍵となります。後悔しない家づくりをぜひして下さい!

 

クリック!

f:id:kokotiyoikurashi:20180706214632j:plain

 失敗しない家づくりの道のり

      Copyright © 2018 新しい家・古い家~ここちよい暮らし~All Rights Reserved.